サイトの説明

エンジニア・クリエイターの転職・求人サイトCreator Job

サイトの説明

転職お役立ちコラム

編集・ライターの転職

編集・ライター職の転職マーケットや求人動向について、ご存知でしょうか?
クラウドソーシングの普及などにより、フリーランスのライターでも気軽に応募、受注できうる仕事が増えています。
その反面、市場拡大により、ライター間の競争が激化する事で起こりうる「低価格・短納期」という負の側面もあります。

編集・ライター職の転職マーケットや求人動向について、ご存知でしょうか?
クラウドソーシングの普及などにより、フリーランスのライターでも気軽に応募、受注できうる仕事が増えています。

その反面、市場拡大により、ライター間の競争が激化する事で起こりうる「低価格・短納期」という負の側面もあります。

過当競争の業界のほとんどがそうであるように、今後、高い文字単価などの好条件でクライアントと交渉できる「高付加価値ライター」と、足元を見られ、こき使われる「馬車馬ライター」との差は、さらに拡大していくと思われます。

どうしたら高付加価値ライターとして、業界でサバイブしていけるのか。実際の求人はどのようなものがあるのか。
今回はそこに迫りたいと思います。

編集・ライターの求人を見る

求人需要に下支えされ、求人や人材業界関連分野の編集・ライターの求人需要は堅調な見通し

求人広告制作のための関連職種において、ライターや編集者の需要増の見込みがあります。
特に求められているのは、実際に広告原稿を作成するwebライターやwebデザイナー、それから、彼らをまとめる編集職ともいえるwebディレクターです。

したがって、魅力的な求人広告を作成できる編集・ライターの需要は、現状、底堅いとみても良いのではないでしょうか。

「元IT技術者の編集・ライター」需要増によりライター・編集者の転職マーケットは上昇傾向の見通し

専門性をもったライターの需要は大きいのですが、代表的なものがIT分野です。
IT関連の専門雑誌やWebサイトは多いですが、一般的なライターだと対応できないケースが多いため、元々技術者として働いていた方等を採用し、編集者としてのスキルを伸ばしていく方向性のものは多いです。
編集者やライターに専門技術を覚えさせるよりも、こうした専門的なスキルや知見を持っている方に編集技術を身につけてもらう方が簡単なのです。

また、ITとは少しずれますが、現在広告業界では動画制作の需要が高くなってきている傾向があります。
インターネット広告においても、バナー広告やテキスト広告に代わり、動画広告が増えてきています。
そのため、動画制作にプラスアルファでコピーやテキスト作成ができる方の仕事は増加傾向と見ても良いでしょう。

webコンテンツ、中でもSNS等で「バズる」記事を生める編集・ライターの需要増の見通し

オウンドメディアなどのwebコンテンツ作成需要が大きくなっており、関連職種の需要増も見込まれます。
検索エンジン上で集客するために、質の良い文章のコンテンツを充実させる必要に迫られているからです。
したがって、新たな情報を発信し続けるために、良コンテンツを作成する必要があり、関連職種の需要が高まっているのです。

中でも、とりわけ求められているのは、いわゆる「バズる」記事、つまりSNS等で支持・拡散され、大量の読者に影響を与えられる記事を作れるライターや編集者です。
彼らには特に高い需要があり、今後も高い需要水準が見込まれます。

懸念事項としては、SEOばかり意識して、質の良くないWebメディアも増えているということです。
実際にSEOのみを目的としたwebメディアもあり、こうしたサイトのライターや編集者になってしまうとただひたすら本数を稼ぐことを求められてしまうので注意しましょう。

編集・ライターとして生き残るために必要な4つのこと

専門性のあるライターになる

高付加価値の編集・ライターとして生き残るための最大の鍵は、「専門性」です。
例えば、金融・IT・製造業・マーケティング・医療・法律などです。
しかし、上記で求められている専門性とは、本などで得た知識ではなく、実務家として現場で働いてきたからこそわかる、生の経験を活かした執筆です。そのため、誰も彼もが高い専門性を持てるわけではありません。
そこで、これ以外の方法を以下に示します。

現場経験

クライアントと直接、打ち合わせや交渉をしたり、場合によっては社内で一緒に仕事をすることは、ライターにとって非常に貴重な経験の場となります。

記事作成という一連の流れにおいて、ライティングという1工程がどのような位置づけにあるか。
それを理解しているライターは、非常に重宝されます。

また、現場では、企画会議への参加、あるいは編集者として他ライターとの打ち合わせも発生する可能性があります。
ライティングだけでなく、企画や編集に関わった経験があれば、結果的にライターとしての価値も高まるのです。

異分野コラボレーション・新分野開拓(早期に)

比較的専門性が低いとされる分野、例えば食・美容・旅・恋愛・育児などでも、異なる専門分野とコラボする事で付加価値をつけることは十分に可能です。
例えば美容なら、薬機法と合わせて「美容×薬機法」のライターなどです。

分野の掛け合わせで希少性を出せれば、付加価値を生み出せます。
また、新しくできた分野のライターは常に不足傾向にあります。
ライティング経験があまり無くても、新分野の経験や知識があれば、挑戦してみる価値は十二分にあります。

オリジナル情報源を持つ

オウンドメディアなど、情報発信用のコンテンツがあふれています。
ですが、読者が本当に知りたい情報を網羅したコンテンツを
書けるライターは多くはありません。

読者にとって有益な、オリジナルの情報源を持つライターは、魅力的な存在です。

例えば、海外などから入ってくる新しい情報等のルートを持っていたり、税や会計、法律などに関して、各省庁とのパイプがあり、いち早く情報を拾ってこれるような方は、多くのところで必要とされる編集・ライターとなるでしょう。

編集・ライターの転職・求人動向

編集・ライターの転職・求人動向は、コンテンツ需要の増加から比較的堅調といえます。
特に編集職においては、紙媒体の衰退により、従来の雑誌等の編集職は減ったものの、代わりにウェブコンテンツにおいては従来以上の需要も見込めるのではないでしょうか。
見方によっては、従来以上に「稼げる」可能性のある職種ともいえそうです。
ただし、企業が求める編集者像と編集者がやりたい仕事が乖離していることも多いため、企業勤めの編集者として働く際は、面接の場などでしっかりと企業のビジョンや方向性を確認するようにしてください。
悪質とまでは言いませんが、SEOのみを目的としたメディアを量産する企業も少なからず存在しています。そうした企業は運営しているサイトや実際に面接の場で話してみればすぐにわかりますので、注意しましょう。

編集・ライターの転職お役立ちコラムを見る

編集・ライターの転職お役立ちコラム一覧

会員登録(無料)REGISTRATION

会員登録頂くことで、WEB履歴書の作成、求人情報応募管理等の機能を使うことができます。
また、希望条件を登録することであなたの条件に合った求人をメールで受け取ることができます。

会員登録(無料)

求人検索JOB SEARCH

エンジニアやデザイナー、マーケッターをはじめとするクリエイティブ関連職種の求人が豊富です。
web・広告・IT関連業種の営業職や管理部門の求人も多数ございます。

求人検索
職種別の転職・求人動向
職種別の転職お役立ちコラム
ツールバーへスキップ