サイトの説明

エンジニア・クリエイターの転職・求人サイトCreator Job

サイトの説明

転職マニュアル

  1. Creator Jobトップ
  2. 転職マニュアル
  3. システムエンジニアの職務経歴書の書き方

システムエンジニアの職務経歴書の書き方

転職しようと思っても、履歴書や職務経歴書の準備を考えると気が重い人もいるかもしれません。しかし、コツさえつかめば職務経歴書は1-2時間ほどで作成できます。今回は職務経歴書の書き方についてご案内していきます。

職務経歴書は満点ではなく、合格点を目指そう

職務経歴書を作成しようと思うと、普段文章を書いていない人であれば、どう作成したらいいのか、なにを書けばいいのか悩む方も多いと思います。しかし、職務経歴書は満点を目指すものではありません。書類選考はたしかに職務経歴書を元に判断されるのですが、面接官に「会ってみよう」と思ってもらえれば合格です。つまり、100点の書類ではなく、80点が取れればよいことになります。その80点を取るために、注力して記載をするポイントについて理解をしておけば、職務経歴書の作成もスムースに行うことができます。もちろん職務経歴書の精度を上げていくのは悪いことではありませんが、採用判断においては面接のほうが比重が多いのが実情です。書類は面接官が見ているポイントを押さえて作成をしていきましょう。

面接官が見ている3つのポイント

面接官は、応募者の職務経歴書を隅から隅までじっくり見ていることは多くは有りません。1人の書類に関しての確認時間は5-10分程度、という面接官がほとんどです。つまり、面接官が重点的にみるポイントについてしっかりと記載をしておけば、職務経歴書としては合格点が取れると考えてください。ここでは面接官が書類から読み取っている3つのポイントについて解説していきます。

技術が合致しているかどうか

エンジニアの採用ですので、技術力の程度が確認されます。具体的には、どのような言語、開発環境で開発をしていたのか、どの程度の開発規模の案件で経験があるのか、開発工程はどこを担当していたのか、その開発にどのくらいの期間関わっていて、どのような業務知識・業界知識を保有しているのかなどの観点から、エンジニアとしての技術力や技術レベルを確認しています。
主には職務経歴欄やスキルの欄で、この技術力を判断されています。

ポテンシャルが感じられるかどうか

求職者の技術力が採用される会社で使われている技術と合致していれば、即戦力として書類通過になり得るでしょう。しかし近年ではエンジニアをはじめとするIT人材が不足しており、即戦力でなくてもポテンシャル採用が増えてきています。実際に会社で使用されている開発環境や求められているスキルまで到達していなくても、ポテンシャル(可能性)を見出して書類通過になる可能性は大いにあります。
技術力が合致していない場合は、職務経歴欄で類似の開発経験があるのか、自己PRや自己学習などの内容から、新しいプロジェクトでも活躍できる素養があるかどうかが判断されます。

志向性・人柄はどのような人か

どこの会社も「よい人材」を採用したいもの。面接官は上記の技術力・ポテンシャルとともに、書類から「志向性」や「人柄」を読み解き、会ってみるかどうか判断をしています。たとえば会社としては「マネジメント」を求めている採用で、書類に「マネジメントには興味がなく技術者として一生やり遂げたい」と記載してあれば、双方不一致として、お見送りになることがあります。また、仕事において「言われたことをただやった」人と「問題を自ら気づいて仕事を自分で取りに行った」人であれば、後者を採用したいと思われます。エンジニアとして仕事に対する思いや志向性、仕事に対する考え方なども書類上から読み取られているものです。
これらは職務経歴欄の特記事項や自己PRなどの文章から判断されています。

職務経歴書で記載する5つの項目

面接官がどこを見ているのか理解いただけたかと思います。それを踏まえて、職務経歴書の記載方法について説明していきたいと思います。職務経歴書は特に記載方法などが決まっているわけではなく、自由に記載が認められているものではありますが、転職活動初心者の方であれば、一般的なフォーマットで作成することをオススメします。面接官も何百人と書類を確認していくので、フォーマットが極端に違うと印象に残るという可能性もあるかもしれませんが、どちらかといえばストレスとなり、印象が悪くなってしまうリスクもあります。
一般的なエンジニアの職務経歴書であれば、記載をするのは主に5つの項目に分けられます。面接官が見ているポイントを意識しながら作成をしていきましょう。

職務概要

職務経歴書の冒頭に、3-5行程度でこれまでの自分の経歴を要約して記載をします。ここは概要ですので、そこまで時間をかけなくてもよいでしょう。

■職務概要記入例
大学卒業後、現職に入社し、一貫して金融業界向けの勘定系システム開発に従事しています。開発においては詳細設計以降を担当し、・・・・に強みをもっています。また、昨年からはプロジェクトリーダーを任命され5名ほどのマネジメントも実施しています。

職務経歴

これまで参画したプロジェクトについて記載をします。ここが職務経歴書において最も重要な箇所になりますので、時間をかけて記載をしましょう。実務経験のある内容について、①プロジェクトの時期・期間②プロジェクトの概要・内容③担当工程/開発規模④開発環境、使用言語⑤自分なりの工夫や取組み、この5点を記載していきます。

①プロジェクトの時期・期間・・・

参画したプロジェクトの時期と期間を記載します。基本的にはプロジェクトすべてを記載しますが、参画したプロジェクト数が多い場合には①プロジェクト時期・期間②概要・内容のみ記載をしましょう。プロジェクト記載の期間にブランクがあると休職などの確認が入ることもありますので、基本的には期間が空かないように記載をしたほうがよいとされています。

②プロジェクトの概要・内容・・・

参画したプロジェクトがどんなものだったのかを記載します。基本的には【業界(金融、流通、小売り、サービス業等】+【業務(会計管理、顧客管理、在庫管理等)】+【開発目的(新規開発、機能開発、マイグレーション等)】の3点を抑えるとよいでしょう。面接官はあなたの実務内容がイメージできないため、できるだけ第三者にもわかるような内容になっているか心がけましょう。
常駐先や取引先などは機密事項で開示できない場合もあるかと思います。その場合は「大手金融機関A社」「中堅流通企業B社」などの記載で問題ありません。

③担当工程/開発規模・・・

参画したプロジェクトの中で担当した工程を記載しましょう。同じプロジェクトで複数の工程を担当している場合には、それぞれの期間をおおよそでよいので記載します。
開発規模については全体の開発人数もしくはそのプロジェクトの参画人数を記載します。

④開発環境、使用言語・・・

そのプロジェクトでかかわった開発環境や使用言語について記載をします。フレームワークや使用言語のバージョンなども記載をしておくとよいでしょう。担当工程が設計以前の上流工程で、プログラミングを全くしていない場合は、開発言語などを記載したうえで、その旨注意書きを入れておくことをオススメします。面接官の中には言語を確認して、言語知見があると判断して書類選考通過となるケースもありますので注意が必要です。コードレビューは実施していた、などであればそれも記載をしておきましょう。

⑤自分なりの工夫や取組み・・・

同じプロジェクトには通常数名~数十人が開発メンバーとしてかかわっていることがあると思います。
担当している工程や扱っている技術も同じ場合が多いですが、その中でもあなただからこそ気づいたことや工夫したことがあると思います。ここは、自分なりにプロジェクトの中で工夫したこと、苦労したことなどを記載していきましょう。何か意識したことやリーダーから褒められたこと、うまくいったことなどを思い出して記載をしましょう。入社直後のプロジェクトや1-2か月程度のプロジェクトであればアピールできるものがないかもしれません。その時は徳に記載をしなくても問題ありません。
特に面接官にアピールしたいプロジェクトや顧客から評価を得たプロジェクトなどはぜひ力を入れて記載しましょう。

■職務経歴記入例
2017年9月~2018年12月(16か月)/ 大手金融会社向け 顧客管理システム
【プロジェクト概要】

大手金融機関で使用する顧客管理システムの開発。一部機能開発及び既存システムの再構築するプロジェクト

【業務内容】

・仕様調整後からの基本設定、詳細設計

・Javaでのコーディング業務

・結合テストでのケース作成

・新システムにおけるデータ移行

【実績】

・開発スケジュールが遅延していたため、リーダーに各担当の進捗状況の共有を提案しました。採用され、各担当の進行具合を理解できたことから協力体制ができ、結果納期通りに完遂できました。

【OS】

Windows

 

【言語】

Java

Javascript

 

【フレームワーク】

Spring

 

【DB】

Oracle 10g

 

【担当】

基本設計、詳細設計、開発、テスト

 

【人員】

全12名

技術

技術力について、経験した言語を記載しておきます。研修で習った程度など、1-3か月程度のものなどは記載する必要はありませんが、実務経験であまり汎用的な言語に触れる機会がなかった場合や20代の若手層であれば研修程度の知識でも記載をしてもよいでしょう。
技術レベルに関しては、一般的に自分のレベルがどの程度のものなのか、判断に迷うと思いますが、これは自分なりの判断で記載をしてもらって構いません。

■スキル記入例
種類 使用期間 レベル
OS Windows 3年半 問題なく使用可能
Linux(RedHat) 6カ月 手順書をもとにインストール可能
言語 VB.NET 1年 プログラミングが可能で指導可能
ASP.NET 6か月 簡単なプログラミングが可能
Java 3年2カ月 状況に応じたコーディング可能、指導可能
DB SQLServer2005 1年10カ月 テーブル作成が可能

得意分野・活かせる業務・資格

まとめて自分自身の得意分野や活かせる業務・内容について、また保有資格などについて記載をします。必須ではありませんが、ここもまとめて記載があると面接官が書類から技術を読み取りやすくなるため、記載することをオススメします。自分の実務経験を振り返り、他の人と比較しても得意だと言える分野や業務理解などがあれば記載をしましょう。資格についても保有しているもので、SEに関係のある資格についてはまとめて記載をしておきます。学習中で試験前のものなどもその旨注意書きを加えて記載をしておくとアピールになります。

■得意分野・資格記入例
◇活かせる業務・得意分野
・金融業界の業界理解
・顧客管理、会計関連の業務理解
・JavaによるWebアプリケーションの開発
・リーダー経験(最大8名規模)
◇資格
・基本情報技術者
・応用情報技術者
・ORACLE MASTER Silver

自己PR

自分の強みやアピールになりそうなことを記載しましょう。何を記載すればよいか悩む場合は、大きく2つに分けて記載をすると書きやすいと思います。
1つ目は技術的なことについて。たとえばこれまでの実務経験の中でアピールになる内容や好きな技術について、難易度の高かったプロジェクトについてなど、テクニカルスキルについて記載をするとよいと思います。自分の好きな技術についてでもよいですし、直近気になっている技術や自己学習していることなど、記載をしてみましょう。
2つ目は仕事の仕方について自分なりに意識していることを書きます。たとえばとにかく迅速に仕事に対応することが大事だと思う人もいれば、仕事は丁寧にするべきだ、という人もいるでしょう。どちらが正解というものでもないので、自分なりに仕事で意識していること、なぜそれが大事だと思うのか、具体的な事例も交えて記載をするとよいでしょう。

自己PRでは自分なりの工夫について記載をすればよいのですが、たまに「報連相を徹底する」「納期通りに仕事をする」などをアピールしている職務経歴書もあります。悪くはないのですが、面接官からすると当たり前のことのように見えてしまうので、もう一段踏み込んだ内容を記載するとよいと思います。

■自己PR記入例
◇幅広い言語での開発経験
これまで様々なシステム開発に携わってきました。開発現場ではJavaが中心ではありましたが、スキル欄に記載した通り、幅広い言語での開発経験があります。中には研修などで使用していない技術もありましたが・・・◇開発手法の提案など改善に向けた取り組み
仕事をする際には、プロジェクトが高い品質を保持しながら納期通りに完遂できるように、日々の業務では改善提案を積極的にするようにしています。特に2017年10月から参画した大手流通会社向けの在庫管理システムのリニューアルプロジェクトでは、・・・

職務経歴書での作成で注意したいこと

最後に職務経歴書の作成において、注意したいことをまとめておきます。当たり前のことも多いと思いますが、些細なことで減点になるともったいないので、ぜひ意識してくださいね。

用紙のサイズはA4縦方向

基本的なことですが職務経歴書のサイズはA4の縦方向がオススメです。たまにB5サイズやA4の横方向で2分割されている書類を見かけます。面接官は何百人の書類をチェックしますので、用紙のサイズや見方が異なるとストレスとなり、それだけで印象は悪くなります。絶対という決まりはないのですが、一般的にはこのサイズ、この記載方向となります。

日付は新しい日付で作成を

書類の右上に日付を入れますが、転職活動が長引くと日付が古くなってくるものです。古い日付が1カ月以内くらいのものであれば許容範囲ですが、時々、3か月前、6か月前の日付の職務経歴書で提出している求職者もいます。日付が古いと、面接官から「そんなに長く活動をしていて、決まらない人なのか」と思われるリスクが高く、またビジネスでの気配りがないと判断される可能性があります。Wordで作成をするのであれば、メニューバーの【挿入】→【日付と時刻】から「(日付を)自動的に更新する」という設定にすると新しい日付が自動的に更新されますので、作成時に設定をしておくとよいでしょう。

誤字脱字には注意

当たり前のことですが、提出した書類に誤字脱字がないかチェックをしましょう。1,2箇所であれば大目にみてくれる面接官もいますが、何か所も間違っているとやはり気になるものです。「書類でこんなにミスがあるのであれば、きっと仕事でもミスが多い人だろう」という印象を与えてしまいます。また、エンジニアが特に注意したいのは言語やフレームワークなどの技術に関するスペルミスです。これらの技術に関してスペルミスがあると、技術に対しての知見が浅い、技術に対する興味が低いとみなされることが多いため、英文字(JavaやC#など)のスペルチェックはしっかり行いましょう。

枚数は常識の範囲内で

職務経歴書の枚数は特に制限がありません。社会人経験が1年以内で経験があまりない人であれば1枚でも十分かもしれません。では10年ほど経験がある人は10枚書けばよいのかというと、少し長い印象を面接官から持たれます。面接官も隅から隅まで書類をチェックするわけではありませんので、特に主だった経験やアピールできる内容を中心に、3枚前後にまとめておくのがよいでしょう。

志望動機は記載不要

志望動機を職務経歴書に記載するかどうか、悩まれる方も多いと思いますが、志望動機は不要です。記載していけないわけではありませんが、記載をすると他の企業に転用できなくなってしまったり、他企業に間違って提出してしまったりとミスも想定されます。志望動機は面接で確認するため、書類選考の段階では面接官は気にしていないことがほとんどです。ただし全く違う業界・仕事内容にチャレンジする際にはその業界・仕事を挑戦したいと考えた理由を記載してもよいでしょう。

いかがでしたでしょうか。職務経歴書をつくるのは面倒くさい、と思われる方も多いかもしれませんが、冒頭で記載をしたように、合格点であれば書類は通過します。集中すれば1-2時間程度で完成しますので、ぜひ頑張って記載してみてくださいね!

会員登録(無料)REGISTRATION

会員登録頂くことで、WEB履歴書の作成、求人情報応募管理等の機能を使うことができます。
また、希望条件を登録することであなたの条件に合った求人をメールで受け取ることができます。

会員登録(無料)

求人検索JOB SEARCH

エンジニアやデザイナー、マーケッターをはじめとするクリエイティブ関連職種の求人が豊富です。
Web・広告・IT・ゲーム関連業種の営業職や管理部門の求人も多数ございます。

求人検索
転職マニュアル